伊佐須美神社公式サイト | 岩代国一之宮・会津総鎮守

あやめ苑の案内 | 伊佐須美神社 | 会津美里町
伊佐須美神社のご朱印 | 伊佐須美神社 | 会津美里町
アクセスのご案内 | 伊佐須美神社 | 会津美里町

伊佐須美神社からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症
感染拡大防止策ご協力のお願い

今般の新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、当社においても下記のとおり対応をいたします。
現在の段階において参拝を停止すことはありませんが、氏子崇敬者および参詣者各位におかれましては、下記の拡大防止策にご理解とご協力をお願いいたします。

参拝について

  • 1. 参拝の際は、原則としてマスクの着用をお願いします。
  • 2. 手水舎の柄杓を撤去しておりますので、滝口の流水をご使用ください。
  • 3. 御本社および境内末社の鈴緒は、ご使用できません。
  • 4. 神事が行われる時間帯、参入を停止する場合があります。

御祈祷について

  • 5. 昇殿人数を制限します。原則としてご本人のみの昇殿とし、受付順に一組ごとまたは少人数ごとのご案内とします。
    • ※初宮詣や七五三詣等の場合は、祝子の両親と兄弟のみとさせていただきます。
    • ※未成年者の場合は、保護者の方に同伴していただきます。
    • ※その他のご家族やお付添人の方は、拝殿前にてご参観可能です。
  • 6. マスクの着用・手指の消毒をしない方の参列は受付できません。
    • ※くしゃみや咳エチケットには、充分にお気を付けください。
  • 7. 玉串による接触を避けるため、斎主(神職)による玉串拝礼に合わせてご拝礼いただきます。
  • 8. 参列者への格衣(小忌衣)着用はいたしません。
  • 9. 遠方でお越しになれない方等、郵送による御祈祷を受け付けます。

御朱印・授与品等について

  • 10. お手持ちの御朱印帳には記帳せず、御朱印紙(書き置き)のみの対応とします。
    • ※特例措置につき、通常は行っておりませんのでご注意ください。
  • 11. 御神札(おふだ)や御守等の授与品は、係員がお取りします。
  • 12. 神社職員の参拝者への応対にあたり、マスク・手袋等を着用します。
  • 13. 遠方でお越しになれない方等、御神札・御守の郵送による授与を受け付けます。

恒例祭典について

  • 14. 恒例祭典の執行は、原則として神社役員・総代、関係者のみとし、直接通知します。
  • 15. 大祓や古神札焼納祭、除夜祭については、主に庭上にて執行するため、参列者へのマスク着用や手指の消毒等を徹底したうえで斎行します。

宝物殿について

  • 16. 当分の期間 事前予約制とし、1時間に1組のご案内とします。
  • ●政府・自治体および神社本庁による要請等により、予告なく対応を変更する場合がありますのでご諒承ください。
  • ●その他、神社より指示がある場合は従うよう重ねてご理解とご協力をお願いします。

令和2年3月15日・発
令和2年4月16日・改
令和2年4月22日・改
令和2年7月 3日・改
令和2年8月16日・改

令和3年 新年「年始事業育成祈願」(企業・団体)のご案内

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、参列につきましては、一社(一団体)につき4名までと制限させていただきますのでご諒承ください。

また、郵送祈願も受付をいたしますので詳細等をご確認ください。

お申し込みにつきましては、「ご祈祷・ご参拝」の「事業育成祈願祭申込票」をご使用ください。

年始事業育成祈願

令和2年「七五三祈祷」のご案内

本年は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、一家族ごと受付順にご案内いたします。

※予約は受け付けておりません。

■七五三祈祷

受付時間:午前9時~午後4時

初 穂 料:10,000円より
※ご兄弟(姉妹)一緒にお受けになる場合は、2人目以降5,000円よりお納めいただきます。

ご参列について

ご昇殿いただけるのは、祝子のご両親とご兄弟に限らせていただきます。その他のご家族やお付添人につきましては、拝殿前でのご参観が可能です。

いなばつ」・「農・海産物」「加工産品(清酒・菓子・その他)」
奉納のご案内

本年も11月23日に「にいなめさい」を斎行するにあたり、五穀豊穣の感謝と諸産業発展の誠を捧げるため各産品のご奉納を受け付けます。

■ 送付先

〒969-6263
福島県大沼郡会津美里町字宮林甲4377

伊佐須美神社社務所

TEL:0242-54-5050

※必ず「新嘗祭奉納品」と明記してください。

■ 受付期間

令和2年11月15日~22日までに届くようにお送りください。

なお、別途初穂料をお納めの方は現金書留にてご郵送ください。

● 稲初ご奉納の方

数 量:稲穂一掴み程度以上(根を落とした状態のもの)をご奉納ください。

撤下品:五穀豊穣御神札・御神酒(神事終了後にお送りいたします)

● 農・海産物、加工産品ご奉納の方

数 量:適宜ご奉納ください。

撤下品:新嘗祭御神札・その他(神事終了後にお送りいたします)

新嘗祭(にいなめさい)とは

毎年11月23日、宮中の神嘉殿において天照大御神をはじめ八百万の神々に新穀をお供えし、天皇陛下御自らともにお召し上がりあそばされます。これに合わせて全国の神社でも新嘗祭を斎行し、新穀や農・海産物、諸産品をお供えして五穀豊穣を感謝申し上げ、大御代のご安泰と天下泰平を祈念いたします。

稲初(いなばつ)とは

神恩に深く感謝して捧げまつるその年の稲の初穂の事をいい、初穂料の起源となるものです。

当社では古来より、十月朔日に稲初集纏の使いを派遣する神事を行い、十一月朔日をもって集めた稲初をお供えする神事を行っておりました。現在では使いを派遣する事は無くなりましたが、寄せられた稲初は奉納者の名札を付けて、大鳥居や各神門をはじめ回廊の柱に掛けて一年間お供えし、神恩感謝と五穀豊穣を祈念いたします。

伊勢の神宮では、これを「懸税(かけちから)」といい、稲を収穫するまで一年間に手掛けた労力をお供えする意味をも表します。

宝物殿|再開館のお知らせ|伊佐須美神社|会津美里町

ご案内伊佐須美神社宝物殿

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当分の間 事前予約制とさせていただきます。

予約お問い合わせ 伊佐須美神社社務所(0242-54-5050)

宝物殿のご案内